受診者様へのお知らせ


【胃内視鏡検査の再開のお知らせ】
 平素より、当センターの健康診断業務について格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 標記の件につきまして、新型コロナウイルス感染状況の拡大に伴い中止しておりました胃内視鏡(胃カメラ)検査のご予約を、不定期ではありますが、再開することにいたしました。
 再開に際しましては、コロナウイルス感染対策に時間を要する関係上、検査日制限人数制限※1.後日検査(健診日と別の日程)での実施とさせていただきますことをあらかじめご了承ください。
 再度感染が拡大し、蔓延の恐れがあると認められた場合には、改めて胃内視鏡(胃カメラ)検査を中止させていただく場合がございます。 なお、肺機能検査につきましては引き続き中止とさせていただきます。 受診者の皆さまには大変ご迷惑をおかけすることになりますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。
詳しくはお問い合わせください。
※1.センター内で実施の場合。(外部医療機関選択の場合は、同日実施可能です。)
人数制限等により、ご希望に沿えない場合もございます。
予め、ご了承ください。
【一部検査再開のお知らせ】
「歯科・口腔がん検査」は、 8/5(水)より再開します。
 当日申し込みも可能です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため下記検査はしばらくの間停止とさせていただきます。
胃内視鏡検査(胃検査はバリウム検査に変更となります)
肺機能検査
※検査時に、咳の誘発や嘔吐反射が起こることがあり、検査医師、看護師、他の受診者にウイルス感染が起こるリスクがあるため
これらの対応は、今後の流行状況により変更する場合がございます。
人数制限等により、ご希望に沿えない場合もございます。
予め、ご了承ください。
【ご案内】
当センターは、給気機・排気機に 空気浄化装置が付いている、 第1種全熱交換式換気システムが設置されています。
【健康診断実施時における新型コロナウイルス感染症対策について】
当センターの健康診断実施時における新型コロナウイルス感染症対策についてはこちらを参照下さい
業務開始のお知らせ (5月18日更新)
5/11(月)より通常業務を開始いたします。
下記に1項目でも該当される方は、受診できません

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当分の間、次の方は、受診をお断りしていますので、体調が回復してから受診してください。症状が続く場合は医療機関にご相談ください。

マスクをしていない方マスクは受診者様ご自身で用意してください。手に入らない方はご相談ください

●いわゆる風邪症状が持続している方

●発熱(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上)、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐・味覚障害・臭覚障害などの症状のある方

現に発熱(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上)がある方
センター入館前に自覚症状の有無を確認し、体温を測定させていただきます

過去2週間以内に発熱(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上)のあった方

●明らかな誘因なく4~5日続く下痢等の消化器症状のある方

●2週間以内に、法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある方(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある方)

●2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある方

●新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内(自主待機も含む)の方

新型コロナウイルスに感染すると悪化しやすい高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方は主治医にご相談ください。

「3密」を避けるため、更衣室の利用は女性のみとさせていただきます。

       (男性はそのままの服装でご受診いただきます

・出来るだけ着脱の容易な服装でお越しください。

・ボタン・金具・プラスチックのついた下着・ベルト・ファスナーのついたズボンはお控えください。

・無地のTシャツを着用してください。

・体を締め付ける服装(腹巻き等)は避けてください。

・カイロ・湿布・ネックレスは、はずしていただきます。

・貴重品は各自ご自身の責任で管理をお願いします。

・万が一紛失・盗難等の被害にあわれましても、当センターは一切の責任を負いかねます。

・健診中は換気を定期的に行うため、外気温が低い季節では室温が下がります。
 カーディガン等羽織るものを事前に手元にご用意ください。

ご希望により、自家用車でもお待ちいただけます。

     混雑を避けるため、予約時間をお守り下さい

これらの対応は、今後の流行状況により変更する場合がございます。
緊急事態宣言 発出
『新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う、健診業務の休止について』
平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
当センターは、新型コロナウィルス感染が拡大しているなか、現状の深刻さを真摯に受け止め、下記の業務を一時的に休止する事に決定しましたのでお知らせいたします。
当センターは衛生面に配慮し、徹底した予防対策を講じて健診事業の継続を検討してまいりましたが、お客様の安全を優先に考え、感染拡大防止への社会的責任及び全従業員の安全確保のため、この度の決定となりました。
なお、今後の健診日程等については状況に応じてご相談させていただきます。
お客様並びに関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
休止業務 : 人間ドック・健康診断
   (健診終了している方のうち、検体のみ提出する方は、窓口にて受け取ります)
休止期間 : 4/18(土)~5/10(日)
 
これらの対応は、今後の流行状況により変更する場合がございます。
お問い合わせ 月~金曜日 9:00~16:00
土曜日 9:00~12:00
富山市医師会健康管理センター TEL:076-422-4811

※最新の情報はホームページにて随時更新して参ります。
『新型コロナウイルス肺炎感染拡大におけるお知らせ(追記)』

『新型コロナウイルス感染症の感染防止についてのお願い』

下記の1項目でも該当される方は、受診できません。受診日の変更をお願いたします。

①健診当日の体温が37.0℃以上ある方
       (健診センターにお越しになる前に必ず自宅等で体温の測定をお願いします。)

②体のだるさ(倦怠感)、喉の痛み、咳、痰、味覚、嗅覚異常(味、においがしない)、
 風邪の諸症状等、自覚症状がある方

③健診日含め、1週間以内に37.0℃以上の熱があった方

④海外への渡航歴があり、帰国後2週間以内の方

⑤2週間以内に新型コロナウイルス感染患者や濃厚接触者との接触があった方

⑥2週間以内に、緊急事態宣言の出た都道府県(北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡)と、富山県を往来した方

センター入館前に自覚症状の有無を確認し、体温を測定させていただきます。

ご希望により、自家用車でもお待ちいただけます。

混雑を避けるため、予約時間をお守り下さい。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記検査食事の提供ををしばらくの間中止とさせていただきます。
  ※検査時に、咳の誘発や嘔吐反射が起こることがあり、検査医師、看護師、他の受診者にウイルス感染が起こるリスクがあるため。
・胃内視鏡検査
(胃検査はバリウム検査に変更となります)
・肺機能検査
・歯科・口腔(がん)検査
これらの対応は、今後の流行状況により変更する場合がございます。
『新型コロナウイルス肺炎感染拡大におけるお知らせ』
日頃より人間ドック・健康診断を受診いただきありがとうございます。
国内で新型コロナウイルスによる肺炎患者が発生していることを踏まえ、感染拡大防止の観点から新型コロナウイルス対策にご協力ください。 

受診時に下記のいずれかの要件に該当する方は各種健診・人間ドック受診を見合わせていただき、受診日の変更をお願いいたします。 ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【受診を見合わせていただく要件】    令和2年3月4日現在

・37.5℃以上の発熱、風邪症状(咳・のどの痛み・下痢・嘔吐・体のだるさ(倦怠感)のある方

 (発熱の可能性のある方は入口で検温をお願いいたします。) 

・新型コロナウイルスに感染または感染疑いのある方と濃厚接触があってから14日以内の方

・中国本土(香港・マカオ含む)への渡航歴があり帰国後14日以内の方



※今後の状況次第で変更となる可能性もございますので予めご了承ください。

~新型コロナウイルスに関して~

【厚生労働省】【日本医師会】のホームページを参照ください。
新型コロナウイルス感染についてのお問い合わせは最寄りの保健所に
健康診断受診に関するお問い合わせは、 事前に当センター(076-422-4811)へお問い合わせください。
通常受診される方は、入口で手指消毒をした上で健診受付にお越しください。



 ※ 平成30年9月10日より 新オプション検査 『卵巣がん腫瘍マーカー検査セット』を開始しました。
県内健診機関で初めて!
卵巣がん腫瘍マーカー検査セット』


← 詳細はこちらのパンフレットをご覧ください

 ※ 大腸がん検診採便について(お願い)
    正しい『採便方法』及び『保存方法』のご協力をお願い致します。

 1.採便方法

   採便は採便棒の先端の溝が埋まるくらいが適量です。
   便の量は多すぎても少なすぎても正しい結果値は得られませんのでご注意ください。

 2.保存期間

   採便後は、冷蔵(冷暗所)にて保存してください。
   1本目の採便後、3・4日以内に2本目を採便し、速やかに提出して下さい。

 ※ 平成29年11月1日より、「認知症検査」を開始しました。
← 詳細はこちら

*受診される方へのお願い
 認知症検査を希望される方は、脳検査と認知症検査をセットでご予約ください。
 脳検査受診後の認知症検査の追加はできません。
 認知症検査に含まれる「認知機能検査」は午後のみ行っております。
 医師による脳検査の結果説明では、認知症についての結果説明はございません。
 判定結果は郵送いたしますので、お問い合わせや医療機関受診先は結果に同封
 されている一覧表をご覧ください。
 ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

 ※ 10/2(月)よりクレジットカードが利用できます。

    健診料金、オプション検査のお支払いにご利用ください。
    取り扱いカードは、下記の通りです。
利用可能カード

 パノラマ断層撮影装置を導入しました

 7月下旬より歯科・口腔(がん)検診に必要なパノラマ断層撮影装置を導入しました。 パノラマ断層撮影とは、口腔全体を1枚のレントゲン画像として撮影する方法です。 主に歯全体の様子や顎の関節、上下顎骨など歯と骨の状態を総合的に評価する検査です。
 口腔がんは初期症状のうちに発見すれば、簡単な治療で治すことができます。 しかし、発見が遅れると舌・顎・頬を大きく切除することもあります。 早期発見・早期治療のため、歯科・口腔(がん)検診を受診しましょう

 新しいCT装置を導入しました

5月8日より新しいCT装置を導入しました。高速検査(従来の約30秒の息止めから半分の約15秒に短縮)が可能と
なりました。 最新の装置では被ばく量が減ると同時に、高精細画像が得られるようになりました。
胸部X線検査では分かりづらい小さな肺がんや縦隔の腫瘍、肺門部のリンパ節の腫れなどを発見することができます。
特に喫煙者におすすめです。ぜひ一度受診してみてはいかがでしょうか。

 ☆新しい検査が加わりました☆

H29年5月よりOCT検査(光干渉断層法) が加わりました。

緑内障、網膜疾患(加齢黄班変性など)を早期に発見できます。
緑内障は眼圧検査でも発見できますが、日本人の緑内障患者の7割は「正常眼圧」のため、 自覚症状が出るまで診断がつかないことがあります。
OCT検査は自覚症状に乏しい初期の緑内障も早期に発見できる優れた検査です。
こんな症状をお持ちの方はOCT検査を受けてみましょう
・40歳以上
・目が疲れやすい
・最近新聞や本の文字が見にくくなった
・遠視や強度の近視がある
・片目で見たとき物が歪んで見える
・家族に緑内障の人がいる